2007年5月2日(水曜日)

ウランちゃん思い込みでベッドに飛び乗れなくなっちゃいました

Filed under: - fall-in-lab @ 22時35分19秒

1,2ヶ月前でしたか、ウランが足を痛めちゃって、夜ベッドに飛び乗れなく
なっちゃったんです。
最初それに気づかないで、眠る態勢に入ったんですが、ウランちゃんてばベッド
の回りをあっちへ行ったりこっちに来たりしながら、グーッ、グーッって鼻を鳴
らしていたんです。
様子を見ていた、あーっやっぱり足が痛くて飛び乗れないんだ!と気づき、ベッ
ドに抱っこして乗せました。

そんな事を2週間ほど続けていたんですが、
「あれ?!、もう足治ってるよな」
と思ったんですが、ウランは夜ベッドに飛び乗らないんです。
昼間はしゃいでいたりしている時に、ベッドに飛び乗ったりしていたので、何で
夜だけ飛び乗らないの???

不思議ですねぇ、ウラン夜はベッドに飛び乗れないって思い込んじゃったみたい
です。

そう言えば、知り合いのラブも、公園なんかの階段は平気で登れるのに、家の階
段は登れないって思い込んでるらしく、全然登らないって聞いた事思い出しました。

皆さんのワンコもそんな思い込みってあります?


2006年1月11日(水曜日)

みんなを見回らなくちゃ、オスは大変

Filed under: - fall-in-lab @ 20時34分55秒

アトムと2人きりで散歩したり、ウランと3人で散歩をしたりしている時には見る事が出来ない行動です。
娘2人、カミさんと6人で遊びに行った時に、アトムがおもしろい行動をします。

湖畔や広い野原などで、それぞれ思い思いの行動をしていると、アトムが娘一人一人の側まで歩いていって、顔を見、しばらくすると別の娘の側に行き、やっぱり顔を見上げ、しばらくするとカミさんの所に行って、同じ行動をします。

見てるとアトムの気持ちがよく分かります。

「お前ら、いい加減にしろよ、ほんとにもう。こっちも忙しいんだから、勝手な行動を取るな!。群れを乱すようなことはしないで、あっちこっち行くな。見回るの大変なんだぞ」

って絶対思いながらパトロールしてますよ(^.^)。


2005年12月10日(土曜日)

しょうがないなぁ、僕が行くよ

Filed under: - fall-in-lab @ 22時31分02秒

狭い部屋の中ですが、ボールを転がしてあげると、一生懸命、楽しそうに拾い、ボールをボトッと私たちの前に落とします。

でもある日、投げたボールがビニール袋を纏めてあるところに落ちたら、ガサガサ音がしたからでしょう、怖がって取りに行きません。

ウランは音に敏感なので、今まで聞いたことがない音には臆病です。

その後数日間は、わざと同じ場所に投げると、ダーッと走って行っても、急に立ち止まり、用心深くそのビニールの山を見つめていました。

そんな様子をおもしろがってみていたら、今までゴロゴロしていたアトムが、ムクッと起きあがり、のそのそーっってボールを拾いに行くじゃないですか。
その背中は
「しょうがないなぁ、僕が拾いに行ってあげるから」
って言ってるようでした。

ちゃんとボールを咥えると、ポトポトって戻ってきて、私に渡しました。

カッコいいよぉ、アトムぅ


2005年11月20日(日曜日)

ウラン、お兄ちゃんはここに居るよ

Filed under: - fall-in-lab @ 20時48分50秒

朝の散歩は最近では、アトムとウランを一遍に連れて行きます。
おぢさん、ちょっと足の付け根の筋肉を痛めたらしく、アトムと長い散歩はキツいので、しばらく長い距離歩くのはひかえています。

夕方はカミさんが、アトムと歩いて、その後ウランの散歩をしています。
アトムの散歩の時はウランをケージに入れて。
ウランの散歩の時はアトムをケージに入れています。
ウランの散歩を終え、足を洗うと、ウランは大好きなアトムが2階のケージにいることが分かっているので、真っ先に2階に上がってアトムを迎えに行くんだそうです。

しかし、たまたま娘がいたので、その日はアトムは居間にいる娘に任せて、ウランと散歩に行ったそうです。
いつものように、ウランの足を洗うと、ウランはアトムを捜しに2階に駆け上がって行きました。
カミさんが「ウラン、お兄ちゃんは2階にはいないよ。お姉ちゃんと下にいるよ」って呼びかけても、2階でアトムを捜しているらしく、降りてきませんでした。

そうしたら、今まで娘に抱っこされてご満悦だったアトムが、のっそりと起きあがり、2階に上がっていったんだそうです。
お兄ちゃんはここに居るよ!
ってウランを迎えに行ったんです。

アトム、オスだねぇ。お父さんが居ないときは、群れを管理してるんだぁ。


ウンチ我慢した、その3

Filed under: - fall-in-lab @ 13時59分39秒

アトムがボールを飲み込んじゃって、嘔吐させるために色々やったその夜のことです。

昼間吐かせようとして、嘔吐剤を飲ませたので、夜は下痢などに十分注意していました。
ケージに入れて、ゆっくり休ませていた所、急にアトムがキュンキュン鳴きだしました。

あっ、ウンチだ! とケージを開けるとアトムはササァーッとケージから走り出し、そのまま階段を下りて行きました。

私も外に出すため一緒について行きました。階段を下り切るとアトムは何を思ったのか、玄関の方に向かわず、居間の方に曲がると、ドアを開けて入って行きました。

てっきりウンチがしたいのだと思っていたので、あれっ?って感じでしたが、一緒について入って行きました。

居間に入ると右に曲がり、急にウンチの格好に入り、ドバッと下痢をしました。
カーペットがウンチだらけ(;_:)。

このヤローッって思った瞬間、思い出しました!!
アトムが家の中でオシッコヤウンチをしなくなるまでは、居間のこの場所にトイレが有ったんです。

アトムは下痢を我慢できず、外まで間に合わないと思ったんですね。でも、部屋の中や、階段などでは出来ずに、昔トイレの有った場所まで我慢して、走ってきたんです。

もう何年も前にそのトイレはなくなっていたのですが、切羽詰ったアトムは、でも、ちゃんと思い出してそこまで来たんです。

それが分かったら、胸が痛くなりました。
「良く我慢した、お前が我慢できないよって言う前に、お父さんが外に連れて行ってあげれば良かったね、ごめんよ」

アトムの能力の高さに、又頭が下がりました。


2005年11月16日(水曜日)

準備中

Filed under: - fall-in-lab @ 21時48分39秒

段々と成長させます :mrgreen:


7 queries. 0.046 sec. || Powered by WordPress ME